介護に特化した求人転職情報

介護求人ポータル

訪問介護

●訪問介護とは

介護の必要な方のご自宅に訪問して介護を行います。
訪問介護は要介護者の日常生活を支援するサービスですが、基本的には状況を改善して自立を促すことが目的です。そのため、過度に介助しすぎないことにも大切です。

・身体介護

入浴、食事、排泄、衣類の着脱、起床・就寝など要介護者の身体に直接触れて行う介護と、介護のために必要な準備、後片付けや相談、助言などの面があります。

・生活援助

掃除、洗濯、調理など要介護者の日常生活の援助を指します。 生活援助サービスには、直接本人の援助に該当しない行為は含まれません。例えば、介護者以外の家族の部屋の掃除や洗濯、調理は保険給付外になります。
また、日常生活の援助に該当しない行為も含まれません。

(例:草むしりや植物への水やり、ペットの散歩、家具や電気機器の移動や修理、大掃除、窓のガラス拭き、床のワックスがけ、家屋の修理など)

●訪問入浴

浴槽や設備機器を装備した入浴車で要介護者宅を訪問し、入浴の介護を行います。浴槽を自宅に搬入して利用する方法もあります。
訪問入浴を行うにあたって、以下のような注意点があります。

・入浴の可否には主治医の判断が必要です。
・他人に裸を見せることに対する心理的緊張をほぐす。
・温熱、水圧、浮力などにより血流の循環が良くなるため、心臓への負担に注意する。
・感染予防対策として
①血液・体液に直接触れない、消毒、手洗い、うがいを徹底する。
②利用者ごとに消毒したタオルやガウン・手袋などを使用する。
③職員の健康チェックを行う。

●訪問看護

主治医の判断により、訪問看護ステーション、病院、診療所などから看護師や理学療法士、作業療法士などが要介護者宅を訪問して行うサービスです。

・入浴介助、食事・排泄の援助など療養上の介助
・床ずれの処置、膀胱洗浄、導尿、点滴の管理、人工肛門管理、浣腸、医療機器導入の看護、検査補助など医師の指示の下に行う診療の補助
・リハビリテーション、相談、医療処置の相談など

●訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションとは、病院・診療所および介護老人保健施設の理学療法士・作業療法士が要介護者宅を訪問して、必要なリハビリテーションを行います。
理学療法には日常生活の動作訓練を行う運動療法、電気刺激やマッサージなどの物理療法、患部や関節などを温めて調整する温熱療法などがあります。
作業療法では手芸、工作などを通じて身体機能の回復を図ります。

今すぐ専門家を探す

介護求人に強い専門家をPICK UP!!

介護求人に強い専門家を「介護求人ポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード