介護に特化した求人転職情報

介護求人ポータル

介護職

●介護職

介護職の仕事内容は、要介護者の身のまわりの掃除や洗濯などの生活支援や手伝いがメインになります。
介護職に求められるものは、学歴や職歴より仕事に対する知識と技術、姿勢、意欲、熱意、責任感が重要視され、自身の健康・体調管理、体力維持も必要となります。

現場で活躍するためには訪問介護員(ホームヘルパー)の資格が必要です。資格を取得するためには、都道府県知事の指定する訪問介護員養成所で福祉サービスの基本視点と制度、介護に関する基本的知識と方法の講義、実技を受講する必要があります。 その後、現場の見学、介護実習、ホームヘルプサービス同行訪問の実習も実施終了しなくてはなりません。資格には1級から3級課程まであります。身体介護、移動介助と家事援助のできる2級課程取得者が介護福祉現場では多くを占めています。

●ケアマネージャー

正式には介護支援専門員と言います。 要介護者と事業者の間に立ち、専門的な立場から双方の意見を理解し、検討した上でケアプランの作成を行います。
また、実際にサービスが適切に提供されているかなどをチェックするなど、介護のコーディネーター的な役割を担っています。専門知識の他にパソコン関連の資格や、 運転免許を持っていると良いでしょう。

介護支援専門員の資格を取得するためには医師、保健師、看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士等の業務従事者、または介護業務従事者として指定日数従事する必要があります。指定日数を終えたら、介護保険、保健医療、福祉分野の受講試験に合格して実務研修を終了し、都道府県から資格登録されてはじめて介護支援専門員となることができます。

今すぐ専門家を探す

介護求人に強い専門家をPICK UP!!

介護求人に強い専門家を「介護求人ポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード