介護に特化した求人転職情報

介護求人ポータル

老人ホーム

老人ホームには大きく分けて老人福祉施設と有料老人ホームがあります。

●老人福祉施設

老人福祉施設とは、老人福祉法第5条の3に定めがあり、老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター、老人介護支援センターに分けられる。

・老人デイサービスセンター

高齢者に対して食事の提供、入浴、機能訓練、介護方法の指導などを行う施設です。
対象となる高齢者には、行政の措置によって通わせる者もしくは、介護保険法その他の政令で利用を認められた方など、一定の制限があります。

・老人短期入所施設

高齢者の疾患そのほかの理由によって、在宅で介護を受けることが難しくなった方を短期間に入所させて養護することを目的とした施設です。
行政の措置によって通わせる者、または、介護保険法やその他の政令で利用を認められた高齢者が対象となります。

・養護老人ホーム

介護は必要としていないが、経済的な理由などで、在宅で養護を受けることが困難な高齢者を入所、養護することを目的とした施設です。
行政が管轄しており、入居の申し込みは施設ではなく市町村で行います。

・特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

特養とも言われます。寝たきりや痴呆など、自立した生活が困難な要介護者を受け入れ、入浴・排せつ・食事といった日常的な生活の介護から、機能訓練、療養上の世話などを行います。基本的に、特別養護老人ホームは入居者が自宅への復帰することをサポートしています。費用は介護保険の利用者負担分のほか、食費などの自己負担分もあります。
利用者は65歳以上の高齢者で、要介護認定の結果、要介護に該当する高齢者及び特定疾病により要介護の状態となった40歳以上の方となります。
利用者に生き甲斐をもって生活を送ってもらうため、年中行事やイベントが組まれる施設もあります。

・軽費老人ホーム

費用が無料、または低額な料金で食事の提供や日常生活に必要な便宜を提供する施設です。高齢者に関する各種の相談に応じます。

・老人福祉センター

費用が無料、または低額な料金で、高齢者に対して、老人福祉に関する専門的な情報提供、教養の向上、健康の増進、レクリエーションのための便宜を提供することを目的とした施設です。

・老人介護支援センター

老人福祉に関する専門的な情報提供、相談、指導、および在宅介護を受ける高齢者とその養護者と老人福祉事業者との間の連絡調整や支援を総合的に行う施設です。

●有料老人ホーム

有料老人ホームとは、老人を入居させて生活サービスを提供する施設であり、老人福祉施に該当しないもののことであり、老人福祉法第29条に規定されている。

・介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームは老人ホームの職員自身が介護だけでなく施設の管理を行ったり、24時間体制で介護を行っている老人ホームです。駅や病院までの送迎は時間や距離によって料金が設定されている場合があるなど、老人ホームによってサービス料金の捉え方は異なるため、事前に確認が必要です。また、介護が必要になると介護棟などに移動しなければならない老人ホームもあります。

・住宅型有料老人ホーム

入居した利用者が外部の介護サービスを選んで利用するシステムです。基本的にサービス提供先を選ぶことができます。介護付老人ホームと比較してサービスの選択肢は広いと言えます。しかし、在宅で介護を受けている状況と変わらないため、介護サービスの利用頻度が多くなるほど費用負担は大きくなります。進行性の疾患がある場合は、どれくらいの費用負担になるかについても事前に試算しておく必要があります。

・健康型有料老人ホーム

基本的に介護サービスがありません。普通のマンションと同じように暮らしながら、緊急時に対応してくれるというシステムです。テニスコートやプールなどの趣味のスペースなどを揃えているところもあります。
介護が必要になったとき、自室で受けることも、同じ敷地内の介護専門棟に移ることも可能です。また、夫婦で入居されていてどちらかが要介護になった場合でも、敷地内の介護棟にいつでも面会できるといったメリットもあります。ただし、入居費用が高額な場合が多く、事前に資金計画が必要です。

今すぐ専門家を探す

介護求人に強い専門家をPICK UP!!

介護求人に強い専門家を「介護求人ポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード