介護に特化した求人転職情報

介護求人ポータル

介護福祉士

●介護福祉士とは

介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれ、介護福祉の専門分野の資格で唯一の国家資格です。
高齢化社会の中で、介護福祉士の需要は非常に高まっています。
そのため、介護福祉分野での就職においては非常に有利な資格となります。また、一般的に給与面でも資格手当てとして支給されますので、受験資格がある人は是非取得しておきたい資格です。介護福祉士になるためには実務経験があるか、一定の教育課程を修了している必要があります。

●介護福祉士の仕事

介護福祉士は、日常生活が困難な人に対して、入浴や食事など日常生活や社会生活を送るための介護を行います。それだけでなく、要介護者やその家族に介護に関する相談や指導も行います。具体的な仕事内容としては、入浴の介助や更衣、食事、排泄の介助、車椅子移動の介助や健康状態の把握、社会参加への援助など多岐に渡ります。介護福祉士のおもな勤務先は、老人ホーム以外にもデイケアセンターや障害者の福祉作業所などの社会福祉施設があります。
ホームヘルパーなどの資格だけでも、介護の仕事を行うことはできます。しかし、より高度な介護に関する知識を持っている方が就職や給与面で優遇されます。

●社会福祉士との違い

社会福祉士の仕事は、社会福祉に関する情報を相談者に提供したり、保険、医療、年金、施設の利用方法をなどの相談業務を行います。また、要望に応じて、その他の専門職と連携し援助プログラムを作成し、実施管理を行う援助業務を行います。
一方、介護福祉士は、要介護者に対し、生活援助などを行い、介護に関する指導、介護計画や記録、家族に対する介護指導やアドバイスを行います。介護の現場で直接介護サービスを提供するとともに、専門家としての的確な指導、助言も求められます。

今すぐ専門家を探す

介護求人に強い専門家をPICK UP!!

介護求人に強い専門家を「介護求人ポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード