介護に特化した求人転職情報

介護求人ポータル

社会福祉士

●社会福祉士とは

社会福祉士は国家資格の1つで、福祉についての悩みを解決する相談員の役割を果たします。
今後高齢化が進むによって福祉が重要視され、需要が高まると言われています。非常に専門性の高い資格であるため、実務よりも、福祉ということについて学習をしている事が必要となります。高齢者や障害者だけでなく、児童に関する相談も行うので福祉全般の知識が必要となります。資格取得のハードルが高い分、非常に評価の高い資格と言えます。

●社会福祉士の仕事

社会福祉士の仕事内容の中で最も重要な業務は社会福祉に関する相談です。相談を通して、カウンセリングを行い、必要なサービスに関する情報を提供したり、問題の解決に向けた調整を行います。相談者が自立した生活を送れるように、他の職種の人や、様々なサービス機関との連携が大切です。
社会福祉施設の運営管理や地域福祉計画の策定まで、社会福祉士が手掛ける仕事の範囲は幅広いものとなっています。

とくに資格がなくても、福祉の相談を受けることはできます。しかし、より専門的な知識がある社会福祉士の資格をもっている方が評価や信頼も高く、就職や給与面で優遇されます。
社会福祉士の活躍の場は、社会福祉協議会や保健所、病院、社会福祉施設、老人介護施設など様々です。しかし、どの職場であっても、社会福祉士の果たすべき職務は、専門的知識及び技術をもって、福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の支援を行うことです。

●介護福祉士との違い

社会福祉士の仕事は、社会福祉に関する情報を相談者に提供したり、保険、医療、年金、施設の利用方法などの相談業務を行います。また、要望に応じて、その他の専門職と連携し援助プログラムを作成し、実施管理を行う援助業務を行います。
介護福祉士は、要介護者に対し、生活援助を行い、介護に関する指導、介護計画や記録、家族に対する介護指導やアドバイスを行います。介護の現場で直接介護サービスを提供するとともに、専門家としての的確な指導、助言を行います。

今すぐ専門家を探す

介護求人に強い専門家をPICK UP!!

介護求人に強い専門家を「介護求人ポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード